ウチのこと

コグマ

081108_4  

 
 

一時預かりの予定だった子猫を譲ってもらうことになり、

なかなか決まらなかった(決める気がなかったという方が正確‥)名前も昨日ようやく決まりました。

 
 
 

0811_1_4    

 
 
 

なんか、熊っぽくね・・・?

 
 
 
 
 
 
 

っていうことで、「コグマ」。

 
 
 
 
 
 
 
 

よく寝て、よく食べて、そして激しく遊ぶ。。。

 
 

そんなところもクマそっくり(たぶん)。

 
 
 
 
 
  
 

でも、かわいいやつです。

 
 
 
 
 
 

0811_2_3

 

 

 

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族考(2)

 

> 家族内にあった出来事をきっかけにして、それを乗り越える為に家族は結束し、自然と協力体制が出来上がってくる。
 

前に、こう書いた。
この1年半ほどの間で(具体的にいうと、祖父の死と、祖母の事故からその介護によって)、「家族」というものの存在意義がわかった気がしている。
それまでは「家族」なんて空気のようなもの。
離れることしか考えてなかった。

  

が、それと同時に、切っても切れない、嫌でもついてまわるのも「家族」というもの。
できればもう二度と顔を見たくない、そんな相手でも、家族は家族。

 

離れては戻り、戻っては離れる。
離合集散を繰り返しながら、少しずつ形を変えていく。
いいときもあれば、悪いときもある。

 

川俣流に言えば、家族もまた「運動態」であろう。



 

少しずつ「家族」らしくなってきたうちの家族も、また変化の兆し。
なんにせよ、来年は区切りの年となりそうだ。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おばあちゃん

080829

うちのおばあちゃん。

大正9年(1920年)4月6日横浜生まれの申年。
現在88歳。
名はハル。

5人姉弟の長女として生まれ、24…か25歳の時にウチに嫁いできた。
ちなみに、おばあちゃんの実家もウチも椎橋家。
この地域に多い名前だから。
その後3人の娘を育てながら、去年亡くなったおじいちゃんと一緒に畑を耕して暮らしてきた。

今はこの辺(新横浜周辺)はすっかり変わってしまったけど、おばあちゃんの若い頃は見渡す限り畑しかなくて、貧しい地域だったらしい。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)